相続税は意外と身近なもの?

10月 7, 2015

相続問題は、身近な問題でありながらも、あまり深く考えるきっかけがないまま時間が過ぎてしまいます。そのため、いざ相続問題に直面したときに、かなり戸惑ってしまう人が多いです。しかし、相続問題は関係ないこと、ともいっていられなくなりました。

その理由の一つが、相続税の仕組みが変わることです。前までは、相当遺産が残されているご家庭だけが、相続税を支払う仕組みとなっていました。しかしその基準が変わったので、今までは相続税が発生しない相続金額だったご家庭でも、相続税が発生する可能性が高いのです。

できるだけ早めに知識を仕入れておいて、準備しておきたいですね。相続税の申告には期限があります。その期限を過ぎる前に申告するためには、手際のいい処理が必要です。また税金の計算などで間違いがないかどうかも確認しなくてはいけません。

素人では難しい部分もかなりありますので、できれば相続のプロにお願いしてください。土屋会計事務所は相続に強い税理士が在籍しています。まずは何から始めたらいいのか…という状態の人でも、相談するとスムーズに申告まで進めることができます。プロがおこなうので、失敗や間違いが起こる心配もありません。

相続税申告のツチヤ(税理士)/東京都新宿区の土屋会計事務所で、相続の相談をしてみましょう。

0

ビジネスとしての太陽光発電

9月 18, 2013

太陽光発電は、太陽の光を使って発電をするという、今注目されている発電方法です。家庭でもそれぞれ屋根に太陽光発電の設備を導入するなどして、自分の家の電気は太陽の光で賄っているというご家庭も増えてきていると思います。それだけではなく、今注目したいのが、太陽光発電を使ったビジネスです。多くの企業が太陽光発電の事業に参入をしてきていて、大注目されているビジネスとなりました。

太陽の光を使って生み出した電力を買取してもらうことで利益を出すビジネスであり、土地にパネルを設置するなどして太陽光発電を行う事ができれば、そのビジネスは成立するのです。太陽光発電で生み出した電気は今、よく売れています。

ただ注意しなくてはいけないのが、初期投資もそれなりに必要だということです。家庭用でそれぞれの家にパネルをつけるだけでも費用が結構かかりますが、それが大規模なビジネスともなれば、桁違いの費用がかかってしまいます。またその後のことも考えなくてはいけません。今がよければそれでいい、ではビジネスが成立しないので難しいところですが、メリットもデメリットも踏まえたうえで、今太陽光発電を始めるべきか、時期も見計らって考えてみてください。

0